上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年の毎月発表シリーズ
【世界の伝統衣装・民族衣装の羊毛フェルト人形】
男女ペアで毎月1ヵ国ずつ制作してきました。

このシリーズ最後、12ヵ国目になる12月は「メキシコ」です☆

まだ12月にはなりませんが、発表がぎりぎりになってしまわないように
早めに発表します。

mexico1.jpg

メキシコと聞いて思い浮かべる民族衣装ってどんなですか?
私は、原色やショッキングカラーの縞模様のマントのようなものを羽織り
つばの大きなとんがりコーンみたいな帽子をかぶっている髭の男の人と
これまた原色でフリル満載のドレスを着た褐色の肌が美しい女性。
そんなイメージがあります。

調べれば確かにそういう衣装もたくさんありました。

でも今回はメキシコのベラクルス地方のハローチェという伝統舞踊を踊る時に着る
真っ白な衣装を選びました。
男女ともに真っ白な衣装で目を奪われたのと、
今年一年を通してのシリーズ最後の国の衣装として白がふさわしい気がしたので♪

mexico2.jpg

音楽に合わせて踊る時に、女性はスカートを両手で広げながら踊ります。
スカートのレース模様をよく見えるように広げとってもきれいな踊りなんだそうです♪

男性の衣装は帽子から上下の服、靴まで真っ白で唯一スカーフが色付き。
今回作った人形は赤いスカーフにしましたが、調べていると青や緑や黄色などもありました。
男性のスカーフと同じものを女性は黒い前掛けに付けて同じく赤いターバンを巻きます。
女性の髪飾りの花は赤/白/黄色/青/ピンクなど数色組み合わせたものが多いようです。

髪飾りに使った色と同じ色が黒い前掛けに刺繍してあることが多かったので
作った人形の前掛けにも同じように赤/白/黄色の花を。

女性は金色の長いネックレスを何重にも着けています。

mexico3.jpg

女性が踊る時にスカートを広げている様子を表現したかったので
細いワイヤーを使いました。
上の写真で少し写っているのがわかるかな・・・?
スカートの開いているところにちょっと金色っぽいワイヤーが見えると思います。

この衣装、詳しい名称などを調べることができませんでした。
今まで作ってきた12ヶ国はパッと見だとどこの国のものなのか分からないという
場所もいくつかあったと思います。
なので、できる限り衣装の名前やどうしてこういう形なのか等の情報を集め
出来るだけお伝え出来ればと思っていたので、ちょっぴり残念。

ですが、この白い衣装に一目惚れし最後の月にふさわしいと感じたので
毎月発表シリーズ最後はメキシコになりました☆

     ・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

ついに12か月すべてが揃いました。

1月から始まり、始まったばかりのころは先が長くどうなることやらと
何も見えていませんでした。
世界中の伝統・民族衣装をどういうバランスで発表しようかと考えたり
羊毛で表現できない民族衣装は作らないほうがいいのかもしれないと思ったり
色々と試しながらやっとこここまできたように思います。

1ヵ国作るとすぐに次の月の事を考えていた日々だったので
それをもうしなくてもいいという安堵と、1年以上前から考えて続けてきたことを
もうしないという寂しさみたいなものが複雑に心にあります。

大変だったけど楽しかった。

あとは、この12ヶ国の人形を少しでも多くの方に見ていただくこと。
これが最後の大きな目標です。
写真でしか見ていなかった人形を実際に目で見て手に取ってみて
みなさんがどんなことを思うのか、そこが一番どきどき楽しみ☆

最後まで気を抜かず、maimunchiiらしい個展に出来るよう用意しますので
是非お越しください。

DM設置協力店舗さまの紹介や個展会場についてのまとめ記事も更新しています。
そちらのチェックもよろしくお願いいたします♪

クリックで記事へ飛びます→DM設置協力店舗さまの紹介記事
クリックで記事へ飛びます→個展会場について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。